流行り商品てんこ盛り盛り通販生活

今現在巷のメディアで取り上げられている商品を紹介します。

未分類

運動は減食とあわせて行う必要があります

投稿日:

運動だけでは脂肪はなかなか減りません

食べる量はそのままで、運動を一生懸命にやってエネルギーをたくさん使えばやせるのではないかと考える人がいるかもしれません。

ところが運動によって消費されるエネルギーは想像するほど大きくはなく、減量にはあまり役立ちません。

ほんとかどうか、以下にいろいろな計算例を挙げて検証してみましょう。

まず体重1㎏を減らすことを考えてみましょう。

この場合、いうまでもなく体脂肪だけを1㎏減らすのが理想です。

さて、脂肪1㎏を燃焼させるには9kcalを消費する運動を行う必要があります。

体脂肪の場合、実際には水分も含まれているので約7kcalとします。

そうすると、体重1kcalを減らすには約7000kcalを消費しなければなりません。

エネルギーを消費するための運動として歩行を選ぶとします。

普通の速さで歩くと、1時間の消費エネルギーは約200kcalです。

このため、体重1㎏を減らすために歩く時間は7000÷200=35ということで、
なんと35時間以上もぶっづけで歩かなければならないのです。

マラソンではどうでしょうか。

フルマラソンの42.195キロをマラソン選手が1回走ると4~5㎏減るといわれていますが、

これは例外で、

一般に2時間半で走った時の消費エネルギーは約2400kcalと計算されます。

すると1㎏の体脂肪を燃やすには7000÷2400÷3ということで、

なんとフルマラソン3回分と同じくらいの運動をやらなければなりません。

もっと身近な例で考えてみましょう。

ジョギングを20分間したとします。

この運動で消費されたのは、たったご飯一膳分、あるいは牛乳一杯分です。

体脂肪でいえばわずか25gが使われたにすぎません。

食べるときはいとも簡単に短時間で済みますが、その分のエネルギーを消費するためにはその数倍以上の時間と労力を費やさなければならないわけです。

このように、体脂肪を運動によって減らすのはたいへんな作業です。

運動だけではかえって逆効果です

ところで、どんな運動にするにしても、それだけで減量できるのは、通常1か月につき、多くても1㎏くらいとされています。

しかも、中年以上の人が行う運動量程度では減量効果はあまり期待できません

↑↑↑ただし、これは運動だけによる消費エネルギーとしてのお話であって、筋肉をつけることによる減量効果とは別です

運動をしたという安心感が、かえって皮肉な事態を招きかねないことがあります。

どういうことかというと、運動によって消費されたエネルギー量と、運動をして感じる疲れの大きさとは比例しないのもかかわらず、運動後の疲れでエネルギーを消費したと錯覚しがちなのです。

そうして、運動して十分にエネルギーを使ったから(実際は違うのですが)とばかりに、つい食べ過ぎるということもありうるのです。

ほかにも心配なことがあります。

運動をしている最中には脂肪が分解されて血液中に遊離脂肪酸が増加します。

この遊離脂肪酸は運動中のエネルギーとして使われますが、同時に脳の空腹中枢を刺激して食欲をます働きがあるのです。

このため、いつもよけいに食べてしまう可能性だってあるわけです。

これでは、運動することがまさに逆効果になってしまいます。

このように体重を減少させるためには運動だけではむずかしい面があります。

やはり減食をあわせて行うことによって、初めて効果的にやせることができるのです。

今なら「ラ・キュット」が半額♪

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

赤坂クラウドクリニック[厚生労働省認可遠隔治療医院]

パソコンやスマホから、ネット上で医師の診察が 受けられる遠隔治療病院。   ネット上で医師との診察ができる厚生労働省が認可した 遠隔治療を提供している病院です。 遠隔治療クリニックでは病院に行く必要が …

「アトプルーブ」敏感肌やアトピー肌を入浴でケア

皮膚科医が作った和漢入浴剤「アトプルーブ」 「アトプルーブ」はビンカン、乾燥、その他お悩みの方に 「アトプルーブ」は褐色の湯色と生薬草の香り アトプルーブの口コミと効果 肌が弱いという方でも安心して入 …

no image

いろいろな本に載る痩せる薬について

昔から、飲めば痩せるという薬が出回っていました。 その中にはこわいことに、甲状腺ホルモンを使った薬もありました。甲状腺ホルモンは代謝を高める働きがあります。代謝が高まるということは、寝ていてもはげしい …

no image

バイアグラとはそもそも何なのか?

男のシンボルを復活させてみませんか。 バイアグラとはどんな薬なのでしょうか? 全世界で始めて認可され、翌年の1999年に勃起不全の医療用治療薬です。 全世界で始めて認可されたED治療薬バイアグラです。 …

no image

コンブチャクレンズとすっきりフルーツ青汁どちらがお得?

コンブチャクレンズとすっきりフルーツ青汁 今どきのモテ体系は燃やして出すで作る!今海外で大人気のKOMBUCHA 要らないモノは外へ ・ 世界不思議発見で紹介 ・ ヘルシー×ナチュラル コンブチャクレ …